top.JPG

2008年03月28日

第9話

◆サブタイトル

激震!! 密輸ゲーム!! 謎の強敵が新たに出現

勝てるか!? ナオ・秋山新たな闘いが始まる

story   




“ライアーゲーム”敗者復活戦で優勝した神崎直(戸田恵梨香)だが、賞金をすべてプレイヤーに分配したため3回戦に進むことになった。そのまま3回戦会場に連行された直や秋山深一(松田翔太)ら9人のプレイヤーたちは、チームに参加する新たなプレイヤー・ヨコヤノリヒコ(鈴木一真)と合流してゲームの説明を受ける。


3回戦は“密輸ゲーム”。10人が5人ずつになり、対立する「水の国」と「火の国」に分かれ行う初のチーム戦で、お互い敵国にある自国の財産を相手国の検
査官の目をあざむきお金を運ぶゲームだ。まずは密輸人を直が担当して説明を兼ねたリハーサルを行うことになった。事前に渡された個人カードでキャッシュ
ディスペンサーからお金をおろそうとすると、そこに表示された金額はなんと4億円。この他に最初から自国にある財産として1億円を渡されているので1人あ
たりの持ち金総額は5億円になることがわかる。大金がかかった勝負だと自覚して呆然とする一同。1回にトランクに入れて運べる現金は最大で1億円で、直は
誰にも見られないように現金をおろしてトランクに現金をしまうと一同は検査ルームに移動する。ここは検査官と密輸人が質疑応答をして、会話からお互い相手
の出方を探る部屋だ。検査官は会話の中で相手がいくら運んだかを推理していくが、この時にトランクが空だと思えば“パス”、入っていると思えば“ダウト”
を宣言し、入っていると思われる金額をコールする。検査官のダウトが金額も含め当たっていた場合とコール金額が密輸額よりも大きい場合は検査官の勝利、密
輸を見破れなかった場合とコール金額より密輸額が多い場合は密輸人の勝利となる。





リハーサルでは秋山が検査官役になり、検査ルームで向き合う2人。すると秋山は直に質問することなくダウトをかけて100万円をコールした。直がトランク
を開くとそこには100万円が。あっさりと敗北する直。これを密輸人と検査官を両国で交代しながら30ゲームを行い、密輸できなかった残金は相手国のもの
となったうえで最終的に財産が多いチームが勝利となる。リハーサルが終わった時点の立っていた位置でチーム分けが行われ、直と秋山は「水の国」になった。




チームごとに分かれ、ゲームがスタートする。最初の密輸人として直が行くことになるが、密輸金額が0円であることをあっさりとみやぶられお金の変動がない
ままに終わる。ゲームは続くが、負けることを恐れまったく密輸できない「水の国」のプレイヤーに比べ、「火の国」のプレイヤーは次々と密輸を成功させてい
く。

そんな中、第3ゲームで秋山が検査官を務め見事に相手のダウトを見破ったことでゲームの流れが変わってくると「火の国」のツチダヤスフミ(森下能幸)が恐怖から会場から逃げ出してしまった。一方、「水の国」ではフクナガユウジ(鈴木浩介)がチームで戦うことを提案しメンバーは了承。そしていよいよヨコヤがゲームに登場した。密輸人として現れたヨコヤはオオノワタル(坂本真)相
手にあっさりと密輸に成功、続いて検査官として直と対峙する。直はフクナガからのアドバイスにより5千1万円を密輸していたのだが、ヨコヤは自分には透視
能力があると言い、金額までもピッタリと当てた。その後も密輸額を当てていくヨコヤに「水の国」プレイヤーはなす術もない。

そんな折、オオノが相手の密輸を見破る方法をみつけたと言い出した。喜ぶ「水の国」プレイヤーだが、オオノが急に威張りだして…。



(公式サイトより引用)

posted by miracle-yan at 02:00 | 第9話
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。