top.JPG

2008年03月21日

第2話

◆サブタイトル

話題沸騰の第2話!! 壮絶な戦いの結末は!?

逆転勝利を手にする秋山の秘策とは何だ!?

story

1億円を奪い合う謎の“ライアーゲーム”に参加することになった神崎直(戸田恵梨香)と、直に協力することになった秋山深一(松田翔太)。対戦相手である直の恩師・藤沢和雄(北村総一朗)に1億円を奪われ、取り返すと宣戦布告をしてから藤沢を監視する日々をおくる2人。そんな2人の行動に藤沢は家に閉じこもり2億円の入った金庫の前からほとんど動かなくなってしまった。

ゲームの残り日数が減っていくが何も行動を起こさない秋山に、意味もわからず監視しているだけの毎日に不安を覚え始める直。しかし、秋山は2億円を奪う手
はあると断言するだけで作戦を教えてくれない。藤沢は憔悴しつつも金庫を鎖で縛りつけ、包丁やバットも用意してガードを固めていく。幾日かが過ぎ、直と藤
沢のもとへ再びライアーゲーム事務局からカードが届いた。「明日の午後5時に回収に伺います」とのカードの文面に思わず笑みをこぼす藤沢。一方、焦る直に
秋山は相変わらず監視を続けろと突き放すだけだった。


ゲーム終了当日。刻々と時間が過ぎていく中、一向に動く気配がないどころか余裕の微笑みさえ浮かべる秋山。終了10分前になっても動かない秋山に、直が藤
沢の家へ走った。窓を叩いて藤沢を呼び、お金を返して欲しいと頭を下げて懇願する直に藤沢は強く突き飛ばして窓を閉め切ってしまう。直後5時になりそれと
同時に藤沢宅に事務局員を名乗る男が現金回収にやってきた。藤沢は窓の外で泣き崩れる直の目の前で金庫を開けて男に2億円を渡す。男が金額を確認をしてい
ると、再びチャイムが鳴り同じく事務局員を名乗るエリー(吉瀬美智子)ら
3人の女性が現れた。おかしな状況に何かを感じた藤沢が部屋に戻ると、そこには2億円が入ったケースを手にした秋山の姿が。エリーらに2億円を渡す秋山に
猛烈に怒りだす藤沢だが、これらは秋山が仕掛けたトリックだったのだ。藤沢が金庫前から動こうとせず郵便物を1週間に1回しか確認しないことを知った秋山
が、事務局からの通知を1時間前に書き換えておいたのだ。秋山の作戦により賞金1億円を手に入れた直は約束の半額を秋山に渡して、残りの半額を1億円の借
金を抱えることになった藤沢に渡した。すると秋山も報酬を直に渡して、藤沢にあげるように言うのだった。





せめてものお礼をするため秋山を部屋に招く直だが、部屋に戻ると「2回戦のご案内」と書かれた事務局からの封書が届けられていた。棄権する場合は5千万円
を返却せねばならず、藤沢にお金を渡してしまった直には選択の余地がない。途方にくれる直に秋山は無視するべきだと言い、電話番号を渡して帰っていく。

2回戦の日が翌日に迫り困っていた直の前に警官の谷村光男(渡辺いっけい)が
通りかかる。事情を話すと谷村は会場に行き事務局員に断る意思を伝えるべきだと助言し、自ら車で送る約束をする。翌日、直は会場に行ってエリーに迷惑だと
告げるが、実は谷村は事務局員で直はそのまま2回戦に参加することになってしまう。ほかにも20人の参加者が待機していた会場に直が入るとVTRでレロニ
ラが登場した。そしてゲームの説明をしようとしたその時、「俺も参加する」と声がして振り向くとそこには秋山が。こうして合計22人によるライアーゲーム
2回戦“少数決ゲーム”が幕を開けることに!





posted by miracle-yan at 02:00 | 第2話
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。