top.JPG

2008年03月19日

第1話

◆サブタイトル

億の金をめぐる熾烈な頭脳戦がスタート

手に汗握るハラハラドキドキ心理トリック

◆story

大学1年生の神崎直(戸田恵梨香)は、
“バカ正直のナオ”と呼ばれるほどの正直者。ある日、直の元へ小包が届き、開けると1万円札で1億円が入っていた。カードには“ライアーゲームトーナメン
トへのご参加ありがとうございます”との一文が書かれ、同封されていたビデオを見ると仮面をつけたレロニラと名乗る男が“ライアーゲーム”の説明を始め
た。カードに書かれていた“ゲームに参加する場合のみ開封してください。開封後の参加取り消しは認められません”の一文を見落としていたため、直は自動的
にゲームに参加することになってしまったのだ。説明によると“ライアーゲーム”は、対戦相手からマネーを奪い合うゲームで、期間の30日後に持ち金が多い
方が勝者となり敗者となった場合は奪われたお金は自分で弁償しなければならないとのこと。末期ガンで入院している父親・神崎正(福井友信)に心配をかけるわけにもいかず、困った直は交番に行き警官の谷村光男(渡辺いっけい)に相談するが何もできないと言われてしまう。




数日後、不安に怯えていた直にライアーゲーム事務局より対戦相手を知らせるカードが届いた。相手は中学時代の担任教師の藤沢和雄(北村総一朗)だっ
た。藤沢の元へ向かった直は藤沢の預かるという言葉を信じて1億円を預けることに。しかし、帰ってくるなり事務局から直が藤沢に負けているというカードが
届く。翌日、再び藤沢の家を訪ねた直は藤沢が電話で直を騙したと笑っている姿を目撃する。再び交番に行き、谷村に事情を話すが元々が直のお金ではないので
事件にならないという。激しく落胆する直に谷村は詐欺のことは詐欺師に聞くのがいいと翌日に刑務所から出所する天才詐欺師・秋山深一(松田翔太)の話をこっそりと聞かせるのだった。




出所日。刑務所から出てきた秋山をつかまえ助けて欲しいとお願いする直。その必死さに最初は軽くあしらっていた秋山も根負けして一緒に藤沢の家へ行くこと
になった。藤沢はお金を奪ったことを認めると豹変して直を冷たくあしらい、それを見た秋山は直にゲームを手伝うことを申し出た。秋山の指示に従い藤沢に宣
戦布告をして家を監視することになった直。監視されていることで1歩も外に出なくなった藤沢の行動から、2億円は家の中にあることを察した秋山は残り1週
間になった日、藤沢の家にニセの火事騒動を起こして隠し場所が部屋の金庫であることを突き止めた。大きく頑丈な金庫を見て愕然とする直に、勝ち誇って高笑
いする藤沢。そんな中、秋山は藤沢に自分なら金庫から2億円を奪えると断言するのだった…。





(公式サイトより引用)






posted by miracle-yan at 00:00 | 第1話
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。